弁護士会の役割


弁護士の定義


弁護士会とは、弁護士法31条によると、「弁護士の使命および職務にかんがみ、その品位を保持し、弁護士事務の改善進歩をはかるため、弁護士の指導、連絡および監督に関する事務を行うことを目的として設立される法人」となっています。

地方裁判所の管轄区域ごとに設立されており、それぞれ全国にある弁護士会は、「日本弁護士連合会」を設立しています。弁護士として活動するためには、日本弁護士連合会の弁護士名簿に登録しなければいけません。



52の弁護士会


前述しましたように、地方裁判所の管轄区域ごとに弁護士会は設立されているのですが、日本全国では52の会が存在しています。その詳細については、45の府県庁所在地プラス札幌・函館・旭川・釧路の各地方裁判所に対して設けられているのと、東京だけは例外として、3つの弁護士会が存在しており、合計で52となります。

ちなみに東京では、明治時代の紛争に端を発する歴史的経緯から、東京・第一東京・第二東京という、3つの会が存在しています。



日本弁護士連合会と全国の弁護士会


日本で弁護士業務を行うためには、略して「日弁連」と呼ばれることが多い、日本弁護士連合会に必ず登録するのと同時に、全国に52ある会のうちいずれかに所属しなければいけません。そして、日弁連と52の中のいずれかの会の会員名簿の2つに、登録されるという必要があります。これを「強制加入団体」といいます。

ちなみに、弁護士バッチには秤が描かれており、これは法の本質がバランスにあるということを象徴しています。第一東京弁護士の会館には、法の女神であるテミスの像が飾られており、左手に秤を高々と掲げています。


残業代請求専門の弁護士

残業代の未払い問題にお悩みなら、残業代請求の豊富な実績を誇る弁護士に相談を!