依頼方法


いざという時のために


何か急に問題が発生したときには、法律に関することであれば弁護士に相談をすることになります。しかし何も知識がない状態で依頼をすることは難しいことです。このようなときにあわてないために依頼方法をしっかりと把握しておくことが大切です。

弁護士の依頼方法ですが、まず電話やメールやお問い合わせフォームなどを利用して予約をします。このときに相談予約を確立させると言うことではありません。仮予約というようにイメージをします。



相談の流れ


予約をすると担当者から連絡が来るようになっています。そこで予約をした日に事務所に行き相談をします。事務所によっては出張相談を行っているところもあるので、事前に確認をしておきます。ここでは事務所が委任する場合のこれからの事件や相談案件の見込みについて説明が行われます。このほかには訴訟を起こす場合の費用や弁護士費用などについての説明も行われるようになっています。

これらの説明に納得をすることができれば、委任状の作成などが行われます。



契約と支払い


このときには認め印が必要になります。あらかじめ用意しておくと安心です。しかし相談をしたからと言って必ず依頼の契約をしなければいけないと言うことはありません。相談だけでも利用することができます。無料相談を設けているところもありますが、相談料が必要な事務所もあります。

依頼の契約をしたときにはすぐに準備をしてくれます。この場合着手金が必要になるので、支払い方法などの確認が行われます。分割払いが可能なところもあります。


残業代請求専門の弁護士

残業代の未払い問題にお悩みなら、残業代請求の豊富な実績を誇る弁護士に相談を!