医療過誤と法律


あなたも医療過誤の被害者かも?!


医療過誤とは医者が患者に対してきっちりその当時の医療水準の治療を医者の適切でない対応によって行えていなかったということを指します。そもそも医療自体が専門分野すぎてあなたが医療過誤を受けていると気づいてない場合がありますのでもしかしたらあなたもその被害者かもしれません。

医者に言ったとしても医療過誤をするくらいですし医者は自分のことを偉いと考えていますので言い訳してはぐらからしますし良くない場合には患者側の責任にしたりします。なので自分がその分野の専門家になるか弁護士に相談するかが法的な解決の道になるのです。



医者と弁護士


弁護士に相談したら法的に解決するかというとそうでもありません。弁護士も医者と同じで良くないことをしていてもきっちりしているかのように装っていますしそもそもあなたが聞きたい分野で医者クラスの医学的知識を有している人はあまりいないのです。

そしてあなたが親身で実力も有る弁護士を見つけたとしても裁判所が医療過誤であったと認める必要がありますが医者が国家資格であるだけに医者を裁判官が擁護しているように訴訟の際に聞こえるかもしれません。更には医者側も必死に抵抗しますからその分野の知識・考えに法律の知識・考えもあって初めて認定させられるのです。



後悔しない医者選び


なのであなたには良い医者を見極める眼を養って欲しいと思います。ネットで評判が良いといったことやいつも患者が多いといったことなどその医者を名医であると判断し得る根拠は探せばどんどん見つけられるのです。

医者には説明義務がありますので初めの診療できっちり治療内容を説明しない医師は相手にしないといった対策もとれるのです。あなたがその分野に関する勉強もしていくとより確実に良い医者を判断できるようになれることでしょう。


残業代請求専門の弁護士

残業代の未払い問題にお悩みなら、残業代請求の豊富な実績を誇る弁護士に相談を!