着手金について


着手金の相場


弁護士に相談をするときに着手金という言葉を目にします。これはどのようなお金なのかを理解している人が意外と少ないです。

着手金とは相談した内容の結果が成功したり成功しなかったということにかかわらず、弁護士にその案件に対応してもらうために支払う費用のことになります。このときの金額は、対応をしてもらった案件の難易度によって違いがあります。しかし相場という物があり、離婚の場合には20万円から30万円となっています。

刑事事件の場合には30万円から40万円となっています。民事訴訟を起こすことがありますが、この場合には訴訟額によって異なっているというのが特徴です。



着手金の考え方


着手金にはいくつかのポイントがあります。それは途中で弁護士を解任しても返金されることがないと言うことです。このお金は依頼をしたときに支払うようになっていますが、実際には依頼をするときにたくさんのお金を支払うということではありません。委任契約をした後に振り込むという形です。



依頼の際は慎重に


ここで委任契約をすると、問題が解決する前の段階でもお金を支払わなければいけないのです。したがって途中で解任をしても戻ってくることはありません。

したがって弁護士に問題解決の依頼をするときには、しっかりと考えることが大切です。信頼をすることができるか、また実績があるかどうかを調べて、同時に費用の相場を理解した上で選ぶと言うことが大切です。最近では無料相談を行っているところもあるので、これを利用すると安心です。


残業代請求専門の弁護士

残業代の未払い問題にお悩みなら、残業代請求の豊富な実績を誇る弁護士に相談を!