遺産相続の相談


相続問題は専門家におまかせ


親など家族に不幸があった場合には故人の亡くなった悲しみにしんみりしている暇もなく、相続問題でもめることもめずらしくありません。残された家族や親族のためにと故人が残してくれた遺産により、お金が絡むために普段仲の良い兄弟や親戚であってももめることが多いです。

遺産の取り分はそれぞれ法律で決められているので、いくら主張したところで思いのままに遺産を受け取ることは出来ません。そのため遺産相続を解決するために専門家に相談することが一番です。



弁護士?税理士?


遺産相続の専門家として弁護士が挙げられます。弁護士は法律の専門家であるため、お金に関する専門家である税理士とは異なり、法律に基づいた問題解決策を提案してもらえます。弁護士の他にも司法書士など相続問題の相談にのってもらえるところはありますが、法律の専門家である弁護士が最も頼りになります。

特に注意したいのが相続税の問題です。税金の計算は独特のものがありますので個人で計算したものと実際に必要な納税額がことなり追加納税を言い渡されるということも珍しくありません。



専門家への相談メリット


私たち兄弟も遺産相続の場面に当たり、現金の他に投資信託や保険など様々な資産が多く実際に納税必要額がいくらなのか自分で計算した額に不安があったため、税理士に相談しました。税理士に遺産商品を見てもらったところ、相続税の対象でないと思っていた保険商品が実は納税対象になることがわかり、助かりました。

報酬費用は確かに安くはありませんが、忘れた頃に追加納税を言い渡されることを考えると決して損だとは思いません。


残業代請求専門の弁護士

残業代の未払い問題にお悩みなら、残業代請求の豊富な実績を誇る弁護士に相談を!