費用の実情


費用は事務所により様々


法律事務所に依頼した場合、料金が発生するのは当然のことです。しかし、その金額には標準小売価格というようなものはありません。これは日本弁護士連合会で定められているのです。

そのため金額に関しては、それぞれの法律事務所が個々に基準を定めるという形となっています。ですので依頼する事務所によって、金額に差があることも少なくありません。また事務所を通さずに弁護士個人に依頼する場合にも、やはり個々に金額設定をしているため差が出てきます。



事案別の一般的な相場


このように料金には定められた基準というものはないのですが、一般的な相場というものは存在しています。その相場は依頼内容ごとに存在しているため、金額に差が生じるとはいえ大幅な違いとなることは少ないのです。

例えば依頼の中で最も多いと言われている離婚に関するものですと、相場は大体50万円程度とされています。刑事事件の場合ならば、60~70万円程度が相場となっています。こうした金額を基準として、それぞれの事務所では金額を設定しています。


交通事故慰謝料の妥当な金額は?


タイムチャージとは


事案別の相場の他に、もう1つの相場というものも存在しています。それはタイムチャージです。これは事案別のものとは違い、時間によって金額が決まるシステムです。電話相談などでよく使われるシステムで、30分で5000円程度というのが一般的となっています。

とはいえ、近年では相談のみの場合は無料で請け負っている事務所も増えてきています。但し時間を制限されていることが殆んどですので、超過した分には料金が発生するという仕組みになっているのが一般的です。