交通事故対応


保険会社が示談代行できない事故とは


交通事故に強い法律事務所があります。そんな法律事務所があっても、余程、重大な事態に遭遇しなければ、お世話になることはないと考えてしまうかもしれませんが、決してそうではないのです。

車を運転する人の多くが、任意保険に加入していることでしょう。そして任意保険に加入していれば、交通事故の際、保険会社が相手との示談を代行してくれます。但し、保険会社が示談を代行できない場合があるのです。その場合とは、契約者に一切過失がない、いわゆる、もらい事故の場合です。



不利にならないためには


自分に一切の過失がないのだから、自分で示談を行っても大丈夫だと考えてしまうかもしれませんが、中々、上手くは行かないものです。相手が任意保険に加入していれば、交渉の相手は保険会社となります。交通事故の示談交渉に慣れている保険会社と交渉未経験の素人との交渉では、当然、保険会社有利に交渉が進みます。結果、満足な賠償を得られないということが往々にしてあるのです。

相手が任意保険に加入していなければ、更に状況は悪くなります。まったく交渉に応じず、何ひとつ賠償を得られないということもあります。


交通事故慰謝料の妥当な金額は?


法律のプロに依頼しましょう


但し、泣き寝入りする必要はないのです。保険会社はもらい事故の示談代行が不可能でも、弁護士ならば可能です。ですから、もらい事故の被害に遭った際には、弁護士に示談代行を依頼することがベストなのです。

重大な交通事故は注意深く運転していれば防げる可能性はありますが、もらい事故は自らの努力では防ぎようがないものです。ですから、自分には関係ないと考えるのではなく、交通事故に強い法律事務所の存在を意識しておく必要があるのです。